映画「鉄道員(ぽっぽや)」のレビュー

記録



公開後20年たった今、初めてケーブルテレビで見ました。いい映画ですねぇ。自分は北海道生まれで10年以上帰っておらず、雪に埋もれた駅舎を懐かしく感じました。主人公の乙松は最期に幸せを噛みしめ仕事を全うして亡くなるわけで、物悲しいけれども綺麗な人生の幕引きに心打たれた作品でした。

Comments

Copied title and URL