映画「名探偵コナン 緋色の弾丸」のあらすじをネタバレ解説 #1 【コナン映画 】

記録



#conan #名探偵コナン #コナン #コナン映画
名探偵コナン 緋色の弾丸(ひいろのだんがん)の紹介:2021年日本映画。TVアニメ「名探偵コナン」の劇場版第24弾。4年に1度開催されるスポーツの祭典「ワールド・スポーツ・ゲームス(WSG)」の開催を控えた東京では、WSG開催に合わせて世界初「真空超電導リニア」が開通する予定でした。その完成パーティに来たコナン達でしたが、会場から突如スポンサー企業のトップが姿を消すという事件が発生します。企業のトップはコナン達の活躍により無事発見されたものの、直前に同様の事件が発生していたことがわかりました。実は15年前にもアメリカでWSG開催前に3人の企業のトップが誘拐される事件が発生しており、3人目の可能性がある企業のトップから小五郎の元に捜査依頼が舞い込んできました。そして真空超電導リニア開業日、ついに事件は動き出します…。
監督:永岡智佳 原作:青山剛昌 声優:江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、灰原哀(林原めぐみ)、赤井秀一(池田秀一)、毛利 小五郎(小山力也)、世良真純(日髙のり子)、沖矢昴(置鮎龍太郎)、石岡エリー(浜辺美波)、井上治(鈴村健一)、白鳩舞子(平野綾)、ジョン・ボイド(楠大典、ライアン・ドリース)、アラン・マッケンジー(チャールズ・グラバー)、ほか

Comments

Copied title and URL