映画「アウトレイジ最終章」のレビュー

記録



山王会の抗争から花菱の内部抗争へ変わり、チャンの下で静かに暮らしていた大友の仁義に火が付いた静かな怒りを感じました。花菱の跡目争いなど眼中にない、チャンに対して部下を殺された敵を取る仁義が大きな組織を壊滅状態まで追い込む姿はとても面白いですね。言葉じゃなくて映画を見て考えさせられる北野映画はやはり好きです。最後に全ての責任を取って自らの命を絶つ大友の姿はまさに仁義ですね。

Comments

Copied title and URL